夜22時まで診療 TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 投球フォーム

投球フォーム

2014.10.21 | Category: 未分類

投球フォーム

少年期の投球フォームについて。

 

私は、投手の方に対し、投球フォームのチェックをします。

 

  ヒップファースト

ヒップファーストとは、お尻を先に出す、という考えです。工藤公康投手を想像してください。実に滑らかに、お尻から打者方向に向かっていきます。体幹や下肢が先ではなく、お尻から行くことが機能的な投げ方です。

 

 

 

pitting

 

 

058こちらは、当院スタッフ、新井の高校野球投手時代

 

 

少年期においては綺麗なフォームで投げることが絶対ではありません。右投手だったら、足を綺麗にまっすぐ、三塁方向にあげることがいいようにおもうのでしょうが、少年期の場合は、少し二塁方向に足をクロスしてあげることによって、体幹の力をかりて投げることができます。そうすることによって、肩や肘の負担を減らすことができます。

 

少年の関節、骨は大人とは違うのです。骨の端はまだ、軟骨が残っています。肘や肩だけに頼りすぎず、体、下半身をを使い「全力で投げない」ことが実は大切なのです。

 

そして、どんなよいフォームでも、投げ過ぎは良くありません。

当院へのアクセス情報

越谷第一接骨院・整体院 北越谷院

所在地〒343-0027 埼玉県越谷市大字大房758-5
電話番号048-977-6886
駐車場5台あり
休診日日曜・祝日
院長大野 康

北越谷院の詳細を見る

越谷第一接骨院・整体院 南越谷院

所在地〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷2丁目14
越谷市南越谷2-14-38ライフピア南越谷103
電話番号048-965-8227
駐車場あり
休診日日曜・祝日
院長新崎 拓

南越谷院の詳細を見る